MVVMのプロジェクトを読む アクティビティのonCreate()編

@Override
protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
//レイアウトをセットしbindingを得る
binding = DataBindingUtil.setContentView(this, R.layout.main_activity);
// ビューモデルを生成する
// ContextはStringリソースの取得と、モデル(Retrofitインスタンス)の取得に使用する
// リスナ(ビューモデルの通知先)としてこのビュー(アクティビティ)を渡す
mainViewModel = new MainViewModel((Context)this,(MainViewModel.DataListener)this);
// ビュー(レイアウト)とビューモデルの紐付け
binding.setViewModel(mainViewModel);
// このbinding.toolbarやbinding.reposRecyclerViewは
// レイアウトのXMLファイルのビューのIDを参照する
this.setSupportActionBar(binding.toolbar);
this.setupRecyclerView(binding.reposRecyclerView);
}